性分がただそこに

私は、没頭したら手が付けられない感じになる。

富岡多恵子の小説で、

お茶に夢中になる男の話があって。

たまに、そのビジョンが頭に浮かんで、

ゾッとする。

自分に。

More